ブラザーのラベルプリンターQL-800で、バーコードをキレイに印刷する!

先日導入したブラザーのラベルプリンター QL-800を、商品管理に使っています。
商品の在庫管理に使おうと思っているのですが、そこまで規模が大きくなく。
売れた商品を発送するときに、商品名+管理コード(バーコード)を印刷して貼り付けています。

パソコンデスクの奥に鎮座する、ブラザーのQL-800。
パソコンデスクの奥に鎮座する、ブラザーのQL-800。

バーコードで商品管理!
導入されている企業なども多く、主に在庫管理とかで使われてますよね。

ワタシとしても、将来的には規模を拡大したい!
いわゆる「先行投資」で、QL-800を導入しました。

でね?
いざバーコードを印刷してみると…線が滲んじゃって、印刷できてもバーコードリーダーで読み取れなかったり・読み取りにくかったり…

※ちなみに、バーコードリーダーの記事はこちら

キレイに印刷するには、バーコードの方向が関係していましたw
キレイに印刷するには、バーコードの方向が関係していましたw

商品管理に使っている幅39x長さ48mmのタックシール。
※DK-1220 食品表示ラベル紙を使っています。
各タックシールは、上の写真では「左から右」です。

左のシールのバーコード、滲んでますよね~
これでもバーコードリーダーで読めはするけど、ぜんぜんキレイじゃないですよね。
でも右のタックシールのバーコードは、キレイに印刷されています。

そうなんです!
バーコードの方向がキモ!なんですね。

ラベル印刷用のアプリ。
ラベル印刷用のアプリ。

ラベル印刷するのに使っているアプリは、ブラザー純正の「P-touch Editor」です。
文字の配置やバーコードも、簡単ににレイアウトできます。

バーコードのプロパティ
バーコードのプロパティ

バーコードのプロパティ-配置で、270°を選択すれば、上の写真右のタックシールのように印刷されます。

プリンターのプロパティ
プリンターのプロパティ

QL-800のプロパティで、「品質優先」にチェックを入れます。
印刷速度が若干遅くなりますが、バーコードや細かな文字もくっきり印刷できます。

ただ…このシールを商品に貼ったとき、バーコードが縦になってしまいます…
もしかしたら設定で、タックシール全体的に縦印刷できるかもしれません。
縦印刷できれば、バーコードをわざわざ回転させることもないんですけどね(汗)
※ただいま研究中www

ということで本日は、ブラザーのラベルプリンターQL-800で、バーコードをキレイに印刷する方法をご紹介しました。

※2020年7月6日追記

プロパティで縦方向を選択!

プリンタのプロパティで印刷方向を「縦方向」に変更すれば、縦で文字もバーコードもキレイに印刷されました(^o^)v
次回の印刷からは、縦方向で印刷しようと思います。

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。
でわ!

※Youtubeチャンネル
channnel yamamoa
※応援・チャンネル登録、よろしくお願いします。

※ツイッターでも情報を発信中!「@yamamoa」フォローお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

(Visited 24 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.

yamamoa

ブログを見て頂き、ありがとうございます。 今月(2019年12月)からメルカリを始めました。 毎日試行錯誤しながら、楽しんで売ってます。 どうか買ってやってくださいw 私の詳細は「ご挨拶 自己紹介」をご覧ください。よろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です