豆知識」カテゴリーアーカイブ

アベノマスクの寄付でサービスを提供する行為は法律違反?

最近流行っている感のある「アベノマスクの寄付」。
自分では使わないから、必要とする人に使っていただきたい。
いわゆる「善意」の行為。

例えば市役所に寄付箱を置いて寄付を募り、集まったアベノマスクを老人ホームに(無償で)提供する事は、何ら法に抵触・違反しません。
では最近話題になっている「アベノマスク」の寄付、何が問題なのか?

  1. 一度人手に渡った物は、新品・未開封品でも「古物」と定義される。
  2. 自分の所有する「古物」を寄付したり販売することは、法に抵触しない。
  3. 他人の所有物(「古物」)の買取りを「業」として行う場合は、古物営業の許可が必要。
  4. 販売を目的に「古物」を買取るには、古物営業の許可が必要。

まず1番の古物の定義。
自分で購入した物、他人から譲り受けた物は、たとえ新品未開封品でも「古物」(新古品・中古品)という扱いになります。
なので「アベノマスク」は、新品・未開封品でも、扱い上は「古物」(中古品・新古品)になります。

その「古物」を寄付、すなわち無償で提供することは、法に抵触したり違法な行為ではありません。(上の箇条書きの2番ですね)
自分の所有する「古物」を販売することも、法的にはOKです。
つまり、メルカリやヤフオクで売っても、問題ないっていうことです。

問題は3番と4番。
この辺は、グレーな部分も多く。

アベノマスクの寄付で、100円引き!
アベノマスクの寄付で、〇〇をサービス!

  • 100円引きとか〇〇サービスを提供する行為は、寄付ではなく有償で買取る行為とみなされる可能性があります。
  • お店は「業」として商売(営業)をしているわけで、したがって上記の行為は「業」として中古品を買取る行為とみなされる可能性があります。
続きを読む

YouTube動画のサムネイルは、ごちゃごちゃ書かずズバッと!

YouTube動画のサムネイル、作ってますか?
やっぱりねぇ無いよりは有ったほうが、観てもらえると思うんですよ。

YouTubeで検索すると、ずらっと動画が並びますよね。
人は0.5秒から1秒で観たい動画を選ぶらしく、動画の内容が一発で分かるほうが観てもらえますよね。

■サムネイルは、ごちゃごちゃ書くな!

展示車両が文字に埋もれてます。何が展示されてるかの方が、重要な情報ですよね。
展示車両が文字に埋もれてます。何が展示されてるかの方が、重要な情報ですよね。
この方が、鉄道好きに響くよね。
この方が、鉄道好きに響くよね。

四国鉄道文化館 南館の、展示車両を紹介した動画のサムネイル。
なんだかゴチャゴチャしてますよね。

同じ動画なんですが、サンプル2の方が「鉄道好き」に響くと思うんです。
よーするに、「ごちゃごちゃ書くな」って言うことだと思うんですよね。

■サムネイルに、動画のタイトルを入れる必要はない!

「鉄道ジオラマ」が、文字に埋もれてます。
「鉄道ジオラマ」が、文字に埋もれてます。
続きを読む

サクッと文字入れ!2分でできる!YouTube動画のサムネイルの作り方。

動画を撮って、編集して…
作った動画って、皆さんに観てもらいたいですよね。

グーグルが提供している「動画共有サイト YouTube(ユーチューブ)」ご存知ですよね。
作った動画を皆さんに観てもらおうと思えば、一番に思いつくサイトがYouTubeだと思います。

■動画を観てもらうために必要な物「サムネイル」

YouTubeのサイトを開くと、動画が並んでますよね。
で、並んでいる動画たち、動画を観なくてもどんな動画か分かるような、タイトルとか説明書き(画像)が付いてる物も多く。
とても分かりやすく、「観てみようかな?」って思っちゃいますよね。

「サムネイル」って呼ばれる画像なんですが、動画1つの対して独自にサムネイルを1つ登録できるんです。

■サムネイルってどうやって作るの?

簡単に言えば、「文字入れができる画像編集ソフト」で作ります。

  • サムネイルのベースとなる画像を選んで
  • 内容がわかる「タイトル」や「キャッチフレーズ」を入れる。

これだけです。

ベース画像ですが、私はJPEGの画像を使っています。
サムネイルは最大2MBの制限があるので、制限を超えないように注意してくださいね。

■オススメは「PhotoScape」

Windowsなら「Paintソフト」や「ワードやエクセル」でも作ろうと思えば作れるかな?

私はWindows版のフリーソフト(寄付歓迎)「PhotoScape」を使っています。
ソフト自体はかなり高機能!
機能てんこ盛りなのですが、私は「サムネイル」作成だけに使ってます。

文字入れが簡単だし、後で大きさとか角度なども変えられます。
で、操作も難しくなく、直感的に使えるんですよね~

フリーソフトダウンロードサイト「ベクター」でダウンロードできますので、興味のある方はダウンロードしてみてください。

※参考リンク

ベクターのPhotoScapeダウンロードのページ

続きを読む

通販大手のamazon(アマゾン)でも、キャッシュレス決済でポイント還元が受けられます!

2019年10月1日から始まった「キャッシュレス決済でポイント還元」ですが、通販大手のアマゾンキャッシュレス決済でポイント還元が受けられる場合があるんです!

赤丸の部分に注目!
赤丸の部分に注目!

アクションカメラを検索して、表示された画面。
赤丸の部分に注目~
「5%還元 キャッシュレス払い」と表示されています。

今度は、青丸に注目!
今度は、青丸に注目!

商品のページ。
「5% 還元 キャッシュレス払い」と共に、還元後の実質価格が表示されています。

で、青丸に注目!
実はアマゾンでは

  1. アマゾンが販売・アマゾンが発送
  2. 〇〇が販売・アマゾンが発送
  3. 〇〇が販売・〇〇が発送

の2種3パターンの販売形態があります。
2と3は、販売店がアマゾンを利用して商品を売っています(出品)。
マーケットプレイス」って呼ばれてます。

続きを読む

キャッシュレス?よく分からないよね(汗) 楽天マガジンで、今だから読んでおきたいムック3選。

消費税率10%増税の影響を抑えるための景気対策、キャッシュレス支払いでポイント還元。
始まりましたね~。
政府による「分かりづらい」・「使いづらい」ポイント還元に加えて、〇〇Payやd払いなどのQR。バーコード決済でも、独自のポイント還元が実施されてます。

10月14日までなら、「d払い」が20%還元やってるので、一番お得だと思います。
で、10月5日は、セブンイレブンで711円以上「d払い」で決済すれば…150ポイントGETできます!

断片的に出てくる「お得情報」って、誰も教えてはくれず。
自分でネットとかで、コツコツ調べないといけないんですね。

「情報を得られる者だけが得をする」。
「情報格差」が広がってますが、今はそういう世の中です。
自分でできる限り情報収集・分析。
めんどくさい世の中ですが、「情報を制する者だけが得をする」です(汗)

楽天マガジンで、今読んでおきたいムック3選。

楽天マガジン」の雑誌一覧で見つけた3冊のムック本。
これは、今の時期だから読んでおくべきですね!

クレジットカード、スマホ決済、電子マネー、「キャッシュレス徹底活用ガイド」

  • クレジットカード 全方位攻略
  • キャッシュレス決済 完全攻略
  • お得なキャッシュレスがよく分かる

図解入りで細かく解説されていますので、これで予備知識を付けてから自分なりの攻略を考える。
もっと深堀りしたければ、ネットで詳しくググる。

ほんとこのムックは参考になります。
お得に「キャッシュレス」今だから読んでおきたいですよね。

続きを読む