パソコン・デジタル家電」カテゴリーアーカイブ

付録が良さそうだったので、つい買ってしまいました!「ゲットナビ12月号」

ふらっと立ち寄ったコンビニ、なにか良いものないかなって物色してたら…

なんと!付録が「LEDリングライト」!?
なんと!付録が「LEDリングライト」!?

最近の雑誌の付録って、なかなか侮れないものがありますね。ということで、雑誌コーナーで目に止まった「GetNav(ゲットナビ)」を、思わず買ってしまいました。@1,100円w

だってさぁ~付録が「LEDリングライト」なんですよ!しかも三脚付き。思わず買っちゃうよねwww

付録の「LEDリングライト」
付録の「LEDリングライト」

1,100円の雑誌にさぁ「LEDリングライト」!ほんと最近の雑誌の付録って、すごいですよね。普段は雑誌の類は買わないのですが、物撮りをやっている身としては、LEDリングライト…興味津々でございますw

確かに「LEDリングライト」だ!
確かに「LEDリングライト」だ!

さほど大きくはないけど、ちゃんとしたLEDリングライトっぽいです。直径は約15cmで、全周にLEDが付いているので、ブツ撮りのときに「影」が押さえられるんですよね@リングライトって。

続きを読む

【ダイソー】L字型でPD対応60W Type-Cケーブル買ってきたw

たまたま寄った100円ショップのダイソーさん。ダイソーウォッチャーじゃないけど、なんとなく寄っちゃうんですよね。

で、またまたType-Cケーブル買ってきた。今回の先端が「L字」。しかもPD 60W対応!

PD対応60W Type-Cケーブル。L字w
PD対応60W Type-Cケーブル。L字w

先日買った100WのType-Cケーブル、同じくダイソーで買ったPD対応の20W 電源と組み合わせて使っております。でも20W出力の電源に100Wって、オーバースペックだよね。

そう自分を納得させてwww

こちらPD対応の60W Type-Cケーブル、しかも先端は「L字」!L字なら、充電するときコネクターの出っ張りが最小限に押さえられますよね。

ケーブルには、方向性があるらしい。
ケーブルには、方向性があるらしい。

こちらのケーブル、方向性があるらしく。どちらでも充電はできるようですが、IN(電源側)と機器側(L字の方ね)を正しく接続することで、加熱検知センサー(温度素子)の性能が向上するらしいです。

そうそうこのケーブルには「加熱検知センサー機能」が搭載されていて、ケーブルの発熱を検知して電流を減少させる機能がついてます。

しなやかなケーブルは全長1mです。
しなやかなケーブルは全長1mです。

ケーブル長は約1mでゴツくなく、意外としなやかな感じのケーブルです。で、先端は「L字」になってます。実は同仕様の「U字」のケーブルも隣りにあって随分迷ったのですが、コネクタの設置場所によっては入らない可能性もあると思って、とりあえず「L字」を買ってきました。

ちなみに色はブラックとは別にホワイトもあるらしいのですが、ホワイトは売ってな買ったのでブラック!w

続きを読む

【ダイソー】導電繊維タッチペン&ボールペン、Duetでふつーに使えます!

気に入って使っているクロームブック「Lenovo IdeaPad Duet」(以下Duetって略します)、液晶にタッチパネル機能が搭載されているので、指でつついて操作しております。特にAndroidアプリを使う時は、タッチって必須だよね。

でね?
スマホなら普通だけど、タブレットを指でペタペタってスマートじゃないよね。お絵かきのときも、指じゃねぇ…ということで…

ダイソーでタッチペン買ってきたwww
ダイソーでタッチペン買ってきたwww

Duetで使えるスタイラスペン、USI方式のなら使えるらしいんだけど、アマゾンでも5000円前後するんですよね。さすがにペン1本で5,000円は出せませぬ。なので、みんな大好き100円ショップのダイソーで、タッチペン買ってきたw

ちなみに…

  • スタイラスペン
    一般的な操作(タッチ)の他、文字や図形を描くことに優れているペン
    充電式・単6電池などの電源が必要で、ある程度の重さがある。
  • タッチペン
    主に操作(タッチ)をするペン
    電源はいらないので、ペン自体がとても軽い。

らしいんだけど、タッチペンでお絵かきとかもできるので、基本は同じだと思うんです。ただ値段がものすごく違うから、だったらとりあえず「安い方」でお試し…的なwww

で、我らがダイソーさん、タッチペンだけでも多くの種類があって。なかなか悩みどころではあります。で、私チョイスがこのペン。ボールペン内蔵なので、紙にも描けます。
これは黒色のみですが、赤黒2色+タッチと随分迷って、結局「黒」単色ボールペン内蔵を買いました。だって、ほら、「2頭を追うものは1頭も得ず」って言うじゃん。(例えが変ん?でも、なんとなく意味はわかるでしょ?www)

背のアミアミの部分でタッチ!
背のアミアミの部分でタッチ!

背のアミアミが導電繊維で出来ているので、静電容量タイプのタブレットやスマホなどでタッチできます。

ボールペンの芯を内蔵しています。
ボールペンの芯を内蔵しています。

ペンをひねると、ボールペンとして使えます。ボール径は1mmなので、ちょっと太めですね。ただこのリフィル(替芯)って売ってるのかな?
※まぁ使い切ることはないと思うけどねw

続きを読む

マウスだけなら、「USB-A→TypeC」変換アダプターで十分だよねw

本日は小ネタでございますw。

Lenovo IdeaPad Duet chromebook」、キーボードを分離できる 2 in 1のchromeBook。入手してからとても気に入って使っているのですが、ワタシ的にはタッチパッドが苦手で…マウスってさぁ、キング オブ ポインティングデバイスだよねw

充電兼用のType-Cポートが1個しか無い!(汗)
充電兼用のType-Cポートが1個しか無い!(汗)

で、Duetなんだけど、タブレットタイプが故の欠点「外部の拡張ポートが貧弱」。充電兼用のType-Cが1ポートしかないんです。

Lenovo IdeaPad Duetでマウスを使う…
Lenovo IdeaPad Duetでマウスを使う…

マウスを使うためには、TYpe-Cのハブが必要。写真のハブは、先日ご紹介した多機能ハブ。充電しながら使えるスグレモノなんだけど、いかんせん「場所を取る」っていうか、全くスマートじゃないですおね。それに、繋いだままだと、持ち運ぶ際も邪魔ですよね。

っていうか、ワタクシ右利きなので、マウスを使うのに邪魔www

USB-A→YupeC 変換アダプター
USB-A→YupeC 変換アダプター

マウスだけを使うなら、マウスの受信機(USBのドングル)だけ繋がれば良いわけで。だったら、変換アダプターでいんじゃね?

この変換アダプター、おそらくダイソーで買ったものだと思うんだけど、随分昔に買って放置してたんです。←よく考えたら、その当時Type-Cの機器なんて持ってなかったので…なんで買ったんだろう(汗)

続きを読む

【ダイソー】PD対応のACアダプター & PD 100W対応のType-Cケーブル買ってきたw

先日入手したLenovo IdeaPad Duet (chromebook)の充電用に良さそうな、ACアダプター無いかなって探していたんですよ。
あ…もちろん純正のACアダプターは付属してるけど、PD(パワーデリバリー)対応じゃないし、10Wだし…せっかくならPD使いたいじゃんwww

PD対応のACアダプターと100W対応Type-Cケーブル!
PD対応のACアダプターと100W対応Type-Cケーブル!

いやぁ~さすがは我らがダイソーさん!PD対応のACアダプターも売ってるんですねぇ~。で、お値段驚きの700円(税込770円)!20WクラスのPD対応ACアダプターって考えると、結構お安いのではないかとwww

ちなみにダイソーさん、ACアダプタの種類も豊富!PFD非対応は500円(税込550円)や300円(330円)っていうのも有りました。

で、ついで(?)に、充電用のType-Cケーブルもお買いあげ。こちらはなんと!500円(税込550円)!100円ショップのダイソーでは結構高額な部類のお品物、でもPD 100W対応ということで ちょっと奮発しましたwww

20Wクラスなので、結構コンパクトかもw
20Wクラスなので、結構コンパクトかもw

袋の中身は、ACアダプターのみ!ACプラグ部分が折りたたみ式なのが良いですね。PD(Type-C)とQC3.0(Type-A)の2ポート出力可能で、Type-CポートかつPD対応のケーブルを使えば、最大20Wに出力があります。PD非対応のケーブルでも最大15W出力!スマホやタブレット程度なら十分な出力があります。

ちなみにTYpe-Aポート(QC3.0対応)の出力は、最大18W。TYpe-CとType-A同時に使う場合は、最大15Wらしく。それぞれ15W出力なら、スマホ2台とかタブレットとスマホとか、まぁふつーに充電できそうです。

何でも使える「万能ケーブル」!
何でも使える「万能ケーブル」!

最大100WのType-Cケーブル。USBは2.0対応らしく、充電と通信に対応しているようです。で、このケーブルの売りはなんと言っても「PD 100W対応」!さすがに550円もするだけあって、伊達じゃない感じです。

長さは約1mで太めで硬いコード。スタンド機能付き断線保護も付いてます。

続きを読む