パソコン・デジタル家電」カテゴリーアーカイブ

QL-800 ラベルプリンターで使える赤長尺ロール紙を買ってみました。

赤黒の長尺ロール紙って、互換品も出てないしお値段も高いんですよ。
でも、注意喚起用のシールは白黒じゃない方が目立ちますよね。

ベース地が赤の長者クロール紙買ってみた。
ベース地が赤の長者クロール紙買ってみた。

先日買ったロール紙と同じメーカーだと思うんだけど…
なんとなく「ぶった切り」感が半端ないですよね(汗)

互換品とは言え新品なんだから、切断跡はまっすぐじゃない?普通は…
まぁ、使えれば良いんだけどね。

ベース地が白ではなく赤です。
ベース地が白ではなく赤です。

長者クロール紙、こんな感じです。
ベースは赤でも文字は黒いんですよね。
でも、白地に黒よりは目立つはず!

続きを読む

ブラザーラベルプリンターQL-800用のラベル感熱ロール紙、追加購入しました。

発送物の宛名や商品の箱に貼るラベルの印刷の為に導入した、ブラザーのラベルプリンターQL-800。
結構便利に使っています。

付属していたラベルロール紙。
付属していたラベルロール紙。

付属で62ミリ幅の赤黒ロール紙(DK-2251)と、宛名書き用のロール紙(DK-1201)。
お試し用なので、巻数が少ないっていうか…すぐに使い切っちゃう感じなんですよね。

※DK-2251…62mm x 5m
※DK-1201…29mm x 90mm 100枚

赤黒のロール紙DK2251
赤黒のロール紙DK2251

ちなみに赤黒のロール紙DK2251ですが、黒の文字が赤に引っ張られるっていうか。
黒の文字が赤っぽくなって、あんまり良くないんですよね。
なので、赤色のラベル…例えば「取り扱い注意とか上積み厳禁」みたいなシールを作るのに使っています。

続きを読む

手の中にすっぽり収まる!Eyoyoバーコードスキャナー買いましたw

先日ブラザーのラベルプリンター QL-800を導入しました。
商品ラベルを作って、発送する商品の段ボール箱などに貼ってます。
今のところは在庫管理するほど在庫を持ってないので、ホント ラベルだけ作ってる感じ。
全然活用できていません。

安いバーコードスキャナー…買ってしまったw
安いバーコードスキャナー…買ってしまったw

在庫が増えてきたら?
今やっている事業が本格的に回り始めたら、バーコードで在庫管理したいと思ってるんです。
で、ちっと気が早いのですが、手の中にすっぽり収まるバーコードスキャナーを買ってしまいました。

実はPayPayフリマで、新品同用品がアマゾン市販価格の2/3程度で出ていて、さらにキャンペーンで1,000円OFF!
実質市販価格の半額で買うことができました。

ちなみに送料も無料!
こういうお品物は、見つけたらすぐに買った方がいいと思うんですよ。
っていうか、今回はラッキーでしたwww

ということで購入したバーコードスキャナーは、EyoyoのEYOYO-009Cっていうスキャナー。
CCDタイプの小型軽量スキャナーです。
Eyoyo?全然聞いたことはないけど、動けば(読めれば?)OK!ですよね。

続きを読む

在庫管理や宛名ラベルの作成に!ブラザーのラベルプリンター QL-800を導入しました!

  1. 商品の画像を撮影
  2. 出品
  3. 箱に入れて保管

メルカリやヤフオクでの作業。
この繰り返しです。

箱詰め後の商品ですが、今までは商品名とか何が入っているのかを付箋紙に書いて箱に張ってました。
付箋紙ですから、剥がれることも多く。
書くのも結構手間だし、字が下手だから何書いてるのか判読不明なこともwww

ブラザー ラベルプリンター QL-800!
ブラザー ラベルプリンター QL-800!

アマゾンからご到着!
ブラザーのラベルプリンター QL-800でございます。

ロール状の感熱紙に赤黒で印刷できて、オートカットもされる優れもの。
欲しかったんですよねw

ブラザー ラベルプリンター QL-800の外箱はこんな感じ。
ブラザー ラベルプリンター QL-800の外箱はこんな感じ。

アマゾンの箱から出すとこんな感じ。
意外と大きかったですね(汗)

続きを読む

照明って大切!テーブルフォト用の環境を整えました。

メルカリ14日目でございます。
最近は1日でやっと1個売れる感じです。

■値下げしない宣言w

売れないから値下げ。
100円ずつ値を下げてたんですが、「いいね」は付くけど売れない。
おそらく、値が下がるのを待ってるんでしょうね。

ということで、「これからは、よほどのことがない限りは値は下げません」。
だってさぁ、値を下げると「もっと下がるんじゃないか」って思いじゃないですか。
だから「いいね」を付けて待ってるんだと思うんです。

値段を下げても売れないんなら、利益を圧縮してまで値段を下げる必要はないよね。
なので、これからは値段は下げないことにしました。

100円下げると、タイムラインのトップに掲載されます。
トップに掲載されると人の目に触れやすくなり、ご購入に繋がる可能性も高くなります。
でも、売れなかった場合のダメージっていうかリスク?
確実に利益を圧縮しますよね。

なので、これからは運に頼るのではなく「検索」で見てもらえるページづくりにシフトしようかと思っております。

■フリマは写真が命!

リアルのフリマと違ってネット上のフリマは、写真と文章しか情報がありません。
お客さんは、まず写真を見ますよね。
そのあとページに訪れてくれて説明文を読む。

写真と説明文。
これだけの情報で買ってもらうのですから、どちらもおろそかには出来ません。

最初に目にとまる写真、っていうか、目をとめてもらえるような写真。
そのためには、まずは照明ですよね。

■照明をゲット!

アマゾンでポチってしまいましたw
アマゾンでポチってしまいましたw

いつものアマゾンでございます。
ずっと前から欲しかったんですけど、イマイチ運切りがつかなかったんですね(汗)

続きを読む