ジムニー・カー用品」カテゴリーアーカイブ

【ジムニー JB23】車中泊仕様!一人なら十分寝れます。

「ジムニーで車中泊」…狭いのにできないよね。
よく言われます。

でも、ジムニーでも車中泊は十分可能!
旅行などの荷物を積んでも、一人なら足を伸ばして横になれます。

■フルフラットになりません。

ジムニーJB23の荷室。
ジムニーJB23の荷室。

後ろの席を倒してもこんな感じ。
手前にRVボックスを置いているので少しはフラットになりますが、座席の背もたれ部分が数センチ盛り上がります。

後部座席の座面を外せばもう少しマシになりますが、外した後部座席の置く場所に悩んでしまいますよね。

助手席を後ろに倒すとこんな感じ。
助手席を後ろに倒すとこんな感じ。

助手席の背もたれを倒した状態。
この状態でも寝ることはできますが、寝心地は良くないでしょうねぇ。

後ろから見ると、こんな感じ。
後ろから見ると、こんな感じ。

かなり凸凹です。
ちゃんと寝るには、フラットな床板が必要ですよね。

■車内で寝られるフラットなスペースを確保!

幅30センチの板を敷きます。
幅30センチの板を敷きます。

フラットにするために、幅30センチ、長さ150センチの板を置きます。
これだけフラットになれば、大人一人くらなら寝れそうです。

ちなみにこの板は、収納することを考えて半分に折れるように作ってあります。
※2枚に板を蝶番でつないでます。

助手席はこんな感じ。
助手席はこんな感じ。

高さを合わせるために、ダイソーで買ってきた発泡スチロールのブロックを一個置いてます。
床板が水平になるように、前後にずらして高さを合わせます。

助手席のヘッドレストを挟むとブロックはずれません。
大人一人の重さを十分支えてくれるし、発泡スチロールなので座面へのダメージも最低限です。

後ろも発泡スチロールで隙間を埋めてます。
後ろも発泡スチロールで隙間を埋めてます。

後ろから見るとこんな感じ。
RVボックスが若干低いので、ダイソーの発泡スチロール板を敷いています。

で、板のままだと痛いので、60センチ角のジョイントマットを敷いてます。
途中で擦れているのは、後ろのタイヤハウスを避けるためです。
ジョイントマットはどこでもジョイントできるので、ちょうどいい感じに敷けます。

奥行き180センチ確保!
奥行き180センチ確保!

ということでベッドの完成!
幅は確かに狭いけど、奥行きは180センチを確保。
足を伸ばして寝れます。

幅は…しょうがないですね。
寝返りが打ちにくいですが、必要にして十分だと思います。

運転席から見るとこんな感じ。
運転席から見るとこんな感じ。

助手席にテーブルができた感じですね。
このテーブル意外と便利で、パソコンテーブル・車内調理スペースなど、一人旅には欠かせないスペースになります。

■走行中と車中泊中の図

走行中は荷物置き場になります。
走行中は荷物置き場になります。

走行中はこんな感じ。
荷室は完全に荷物で埋まります。

車中泊中はこんな感じ。
車中泊中はこんな感じ。

向かって左に展開していた荷物を右側に積み重ねると…
はい!就寝スペースができました!

運転席は、倒したり前にずらしたりしていません。
なので、乗り降りは運転席から。
助手席を向いて座れば足をテーブルに投げ出せるの、結構くつろげたりします。

秘密基地っぽいので、自分としては結構気に入ってます。
もちろんジムニーで車中泊…OKです(^o^)v

■参考動画

先日愛媛の実家から神奈川の自宅まで走ったのですが、途中のSAでの様子を動画にしています。
ジムニー車内でインスタントラーメン作ってます。
よかったら見てくださいね。

■まとめ

  • ジムニーJB23でも工夫次第で車中泊できます。
  • 就寝スペースの確保、床のフラット化が肝です。
  • 幅30センチ、奥行き150センチの板とRVボックス、発泡スチロールがあれば、簡単にフラットな就寝スペースを確保できます。
  • 助手席に使い勝手のいいテーブルもできちゃいますw

ジムニー乗りの方は、おそらく色々工夫して車中泊されてると思います。
小さくて狭いけど、お気に入りのジムニーで秘密基地。
楽しんでくださいね!

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。
でわ!

※Youtubeチャンネル
channnel yamamoa
※応援・チャンネル登録、よろしくお願いします。

※毎日更新中です。お気に入り登録よろしくね。
※ツイッターでも情報を発信中!「@yamamoa」フォローお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

【ジムニーJB23】ジムニーでも120キロは出るけど…やっぱムリ(汗)

新東名静岡SAにおります。

刈谷PAから新東名に入って、噂の120キロ区間。
ジムニーでも120キロは出るけど、5000回転超えます。
短時間ならいいけど、数キロ走るのはちと怖すぎ(汗)

やっぱり90キロ前後で走るのがよろしいかと。
でわ!

【ジムニー JB23】11月の燃費のご報告。ついでに灯油も買ってきたw

先月は10.9くらいでしたよね。
で、今月は…

■ガソリン入れてきたw

1リーター138円ですね。

ちょっとガソリン高かったなぁ。
1リッターあたり138円でした。

で、走行郷里266.6kmに対して、24.66リットル入りましたので気になる燃費は…

10.81km/lでした。

今回も街乗り・買い物メインでした。
で、走行距離も266kと少なめで給油したので、燃費も伸びなかったのかな?

そうそう、エンジンオイルがそろそろ交換時期ですね。
この辺も燃費に影響したのかな?

とはいえ、ジムニーJB23(K6A)の燃費、市街地・チョイノリですから…
10km以上走ればOKかな。

■ついでに灯油も買ってきた。

こちらはリッター88円です。

11月も中旬ですからねぇ。
朝晩冷えるようになりました。
ということで、灯油もついでに買ってきました。

こちらはリッター88円ですね。
高いのか安いのか…おそらく高い?
灯油の相場がよくわからないんですが、他のGSだとリッター90円だったので、ちょっとは安い?

■まとめ

  • 先月に引き継好き、今月(11月)も給油してきました。
  • 燃費的には、リッターあたり10.81km。ジムニーとしてはまぁまぁ?
  • 今回も街乗り・ちょい乗りメインでしたし、ジムニーですからwwww
  • 冬支度に、灯油も買ってきました。
  • こちらはリッター88円でした。

以上、JB23ジムニーの燃費のご報告でした。

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。
でわ!

※Youtubeチャンネル
channnel yamamoa
※応援・チャンネル登録、よろしくお願いします。

※ツイッターでも情報を発信中!「@yamamoa」フォローお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

【ジムニー JB23】ドラレコ代わりのアクションカム用の、USB電源ラインを引き直しました。

ドライブレコーダー代わりにアクションカム「SJCAM SJ4000」を取り付けています。
最近YouTubeで上げている「道のりの振り返り」動画も、SJ4000で録ってます。

でね?
SJCAM SJ4000の電源はマイクロUSBなんですが、ケーブルの端子がダメダメで。
スカスカだしグラグラするし。
なので接触不良も激しく、挿してるのに全く電源が供給されてなかったり、走行中に電源が切れたりorz

3年以上使っているケーブル、抜き差しも頻繁なのでそろそろ寿命?
ということで、新しくUSBケーブルを買って引き直すことにしました。

■JOOMFEEN Micro USBケーブル 【4本セット】

 JOOMFEEN Micro USBケーブル 【4本セット】
JOOMFEEN Micro USBケーブル 【4本セット】

3mのケーブルってお店で売って無くて、またまたアマゾンでポチってしまいました。

JOOMFEEN Micro USBケーブル 【4本セット】

赤黒のメッシュ、コネクタ部分は赤のアルミ製かな?
私のジムニーはXアドベンチャーなので、シートとかが赤黒なんですよ。
なので、ケーブルも赤黒の編みケーブルをチョイスでございますw

マイクロUSBケーブル4本セット。
マイクロUSBケーブル4本セット。
  • 1m x 2
  • 2m x 1
  • 3m x 1

の4本セット。
1099円でゲットでございます。

マイクロUSBケーブル、3mは1本でも700円くらいするので、4本セットならお得感ありますよね。

左隣は結束バンド(ダイソー)とニッパー(ダイソー)。
USBケーブルを引き回すので、これらは必須アイテムでございますw

続きを読む

【ジムニー JB23】ウインドウォッシャー液を補充!入れ方をご紹介します。

先日ダイソーの洗車用品で洗車したついでに、ウインドウォッシャー液を補充しました。

■ウインドウォッシャー液ってなに?

カインズで買った「ウインドウォッシャー液」
カインズで買った「ウインドウォッシャー液」

ウインドウォッシャー液って、ご存知です?
前のガラスが汚れたときに、プシューーーって出す水のことです。
たまに点検しておかないと、イザとなったときに「水が出ない(汗)」ってなるんですね。
洗車のタイミングや、給油のタイミングで「ちゃんと入ってるか」点検しましょう。

■補充は簡単!誰にでもできます。

  1. ボンネットを開ける
  2. ウインドウォッシャータンク(または給水口)を見つける
  3. フタを開けて、ウインドウォッシャー液を注ぎ込む
  4. フタを締める
  5. ボンネットを閉める

手順を簡単に書くと、こんな感じです。

ん?
ボンネットを開けたことがない?
ボンネットを開けるのが怖い?

大丈夫です。
しっかり確認しながら作業すれば、誰にでも簡単にできます。

※記事の最後に動画を貼っておきますので、よかったら観てくださいね。
※チャンネル登録も、よろしくお願いします。

続きを読む