【100均】セリアの「電球形USBライト」も買ってみた。ダイソーの物と比べて…どうだろうw

先日ダイソーで「電球型USBライト」を買ってレビューしましたが、セリアにも同じようなライトが売ってるんですね。

100円ショップのセリアさん、ダイソーに比べて店舗的にも品揃えも比較的小ぶりではあります。
でも、セリアさんは、デザインが良いものが多いんですね。
また、アウトドア関係には力を入れているようで、金属製のお皿とかちょっとしたアウトドア小物も多数ラインナップされてます。

ということでUSBの電球型LEDライト、ダイソーのも音比べてどうでしょう?
興味津々で、セリアのUSB電球型ライトも買って、比べてみることにしました。

セリアの電球型USBライト、アウトドアを意識したパッケージですね。

セリアの電球型USBライト、アウトドアを意識したパッケージですね。

テント内の照明に!…的な?w
ダイソーのシンプルな外装箱と違って、アウトドア!を全面に出した外装箱ですね~。

箱の丸穴から、LED電球の色がわかるようになってます。

箱の丸穴から、LED電球の色がわかるようになってます。

私が買ったのは「白」ですが、3種類あったかな?
外装はこの丸穴から、中のLED電球の色が見えるようになってますね。

ということで、早速開封してみましょう。

早速開封!こんにちわw

早速開封!こんにちわw

箱の中は、USBの電球型ライトのみ!
※ダイソーの電球型ライトも、同様に本体のみでしたねw

ダイソーの電球型LEDライトと違うところは…

  • フックが金属製
  • USBケーブルの色が黒で、ちょっと安っぽい

くらいかなぁ…電球本体の見た目はほぼ同じのようです。

左がセリア、右がダイソー。並べてみるとこんな感じ。

左がセリア、右がダイソー。並べてみるとこんな感じ。

左がセリアの電球ライト、右がダイソーのです。
反射板?電球の先端の丸い部分、若干色が違うかな?
フックは、ダイソーの方が「引っ掛ける部分」があって、使いやすそうです。
で、やっぱりUSBケーブルが…黒だとなんだか安っぽいですね(汗)

USBケーブルは約1メートル。
ダイソーの電球ライトは約1.2メートルですが、長さを比べてみるとほぼ同じなんですよ!
1.2メートルって外装箱には書いてあるんですけどねぇ←ダイソーあるある

正面から見るとこんな感じ。

正面から見るとこんな感じ。

電球自体の大きさは、ほぼ同じ。
カタチもほぼ同じですね。

電球の先端、若干色が違うのは薄さ?素材?の違いなのかな?

重さは、約50グラム。ダイソーの電球とほぼ同じですね。

重さは、約50グラム。ダイソーの電球とほぼ同じですね。

フック以外はオール樹脂製なので、軽い!
重さもダイソーの電球ライトとほぼ同じですね。

光の色は昼白色?白色の光です。

光の色は昼白色?白色の光です。

実際に点灯させると、こんな感じ。
光の色が「白」なので、ダイソーの電球色(赤色の光)に比べて、若干明るいように感じます。

消費電流は。0.55Aですね。

消費電流は。0.55Aですね。

ダイソーの500円モバイルバッテリーでテストしています。
5V0.55Aですね~
ダイソーの電球ライトが0.36Aだったので、セリアの電球ライトの方が消費電力は多いようです。

ちなみに…セリアの電球ライトの外装箱には仕様的なもの、明るさ(ルーメン)も書かれていません。
10SMDの記載は有るので、基盤に直付けのLEDが10個搭載されていることは分かりますが…
ちょっとこの辺は不親切かも。

色の違いは、こんな感じです。

色の違いは、こんな感じです。

左がセリア、右がダイソーの電球型ライト。
写真では分かりにくいけど、白発光と電球色、後ろの反射でよく分かるかも。

セリアの電球ライト、SMD10個とチップ抵抗が2個見えます。

セリアの電球ライト、SMD10個とチップ抵抗が2個見えます。

でね?
セリアの電球ライト、振ると何やらカラカラと音がするんです。
なので、試しに前面の光を拡散する半球部分を外してみました。
※はめ込まれてるだけなので、隙間に爪を入れてグッと引っ張れば外れました。

基盤にSMDが10個、チップ抵抗が2個実装されてますね。
これ以上の部品やパーツはありませんでした。
で、この基盤はきちんと固定されていなく、電球の内側の突起に乗ってるだけでした。
せめて接着くらいくといてほしかったぞw

こちらダイソーの電球型ライト。部品点数多いね!

こちらダイソーの電球型ライト。部品点数多いね!

試しにダイソーの電球型ライトも外してみた。
SMD10個はセリアと同じですが、SMDそれぞれにチップ抵抗がついてます!
この辺が、セリアとダイソーの違いかなぁ…

もちろんチップ抵抗2個でも回路的には良いと思うけど、SMDごとに抵抗が付いてるほうが、よりよい気がする。
また、ダイソーの電球ライトの方が、コストも掛かってる感じですね。

そうそう、ダイソーの電球型ライトの基盤も、特に固定はされてなく。
ただ前面の拡散球面部分に押されて固定されるみたいで、振ってもカラカラ音はしませんでした。

やっぱり前の蓋がないぶん明るいです!

やっぱり前の蓋がないぶん明るいです!

電球の形にはならないけど…前面の拡散球部分が無いほうが、明るいですw
※これはセリアの電球ライト。光の色は白いです。

ダイソーの電球ライト、LED自体が赤く(電球色)に光るんですね。

ダイソーの電球ライト、LED自体が赤く(電球色)に光るんですね。

こちらはダイソーの電球型ライト。
LED自体が電球色に光るんですね!
こちらも前面の拡散球部分が無いほうが明るいですw
※セリアの物と比べて暗く写ってますが、これはカメラの露出の問題です。
※実際は、セリアより若干暗い?まぁ電球色ですから、その辺りは許容範囲ということでw

左がセリア、右がダイソーの電球型ライトです。

左がセリア、右がダイソーの電球型ライトです。

セリアとダイソーの「USB電球型ライト」を比べてみました。

最初はセリア明るい!良いかもwって思ったのですが…
中の基盤を見ると…やっぱりダイソー、コストかかってるなぁ~って思いました。

もちろん、使う分には何ら問題はないと思うけど、この辺も販売数の多さ、量産効果?
が出てるのかな?なんて思ったり。

 

ということで本日は、セリアで売っていた「USB電球型ライト」、形や大きさはほぼ同じだけど、比較すると色々見えてきますね~っていうお話でした。
強調しておきますが、「セリア・ダイソー…どっちが良い悪いではなく、どちらも100円としては優秀な商品!使う分には何ら問題ありません」ということです!
好みやお店の近い遠いで判断して、購入しても良いかと思います。
でわ!

※ダイソーの電球型ライトのレビューは、こちらの記事をご参考にどうぞ!
【100均】ダイソーで買った電球型のUSB LEDライト、150ルーメンだとちょっと暗いかな。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!


※アウトドアでもネット環境!レンタルWiFiルーターならSTAR WiFi!私も使ってます!

(Visited 18 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です