フリマ・メルカリ・ヤフオク」カテゴリーアーカイブ

メルカリやヤフオクでのトラブル事例、利用する上での注意点、出品時のノウハウなどをご紹介しています。

私がPayPayフリマへの出品をやめた理由 4つ。

比較的新しいネットフリマ「PayPayフリマ」。ヤフー系かな?ヤフオクのフリマ版っと言ったところでしょうか。
PayPayフリマの売りの一つに、「すべての商品が送料無料」かつ「追跡可能な発送方法で統一」が上げられます。要するに「買う側にとっても有利な」フリマなんですね。なのでPayPayフリマで商品を買うのは「全然あり」なんだと思うんです。

でも、出品者から見れば…

■理由その1:送料にまで手数料がかかってしまう。

商品を出品する場合、送料を加味した販売価格を設定しなければなりません。また送料にも「出品手数料」が掛かってしまいます。つまりヤマト便60サイズであれば送料700円+手数料1割の70円、合計770円の負担になります。
たとえば60サイズの商品を1,000円で出品すると…

1,000 – 100(手数料1割) – 700(60サイズの送料) = 200円の利益。
送料に手数料が掛からない場合は、1000 – 700 = 300円に手数料1割 30円を引いて 270円。

70円…60サイズの送料にまで手数料を掛けるって、おかしくないですか?

もちろん「メルカリ」でも同じですが、送料「購入者負担」にすれば送料に手数料はかかりません。

■理由その2:発送方法に自由度がない。

PayPAyフリマでは、以下の発送方法しか選択できない。

  • ヤフネコパック(ヤマト運輸)
    ネコポス(170円)
    宅急便コンパクト(380円+専用箱代70円)
    宅急便(700円~)
  • ゆうパック・ゆうパケット(お手軽版)
    ゆうパケット(175円)
    ゆうパック(700円~)

つまり、定形郵便82円で送れる商品も「ネコポス」か「ゆうパケット(お手軽版)」で送るしかなく。「送料の負担が大きい=手元に残る金額は少ない」ということになります。

購入者から見れば「追跡可能または保証の効く」発送方法なので安心だとは思います。でも出品者から見たら…

もちろん扱っている商品、出品者によって違いがあると思います。ただ私の場合は「とても使いにくいシステム」なんです。

続きを読む

【ダイソー】物をサクッと束ねる!便利なツール「梱包用フィルム」

新聞や雑誌・ダンボールなどを束ねるとき、皆さんはビニール紐とかをお使いです?紐も手軽でいいんですけど、結び目がゆるいときっちり束ねられないんですよね。それに細い紐を強く引っ張るので、手も痛くなるし。

みんな大好き100円ショップの「ダイソー」さん、100円+税でサクッと束ねられる便利なツール(道具)を買ってきました。

梱包用フィルム。100円+税です。
梱包用フィルム。100円+税です。

その名もズバリ!「梱包用フィルム」。100円+税でございます。
コレで束ねたい物を合わせてぐるぐるすれば、紐みたいに指が痛くならずにサクッと束ねられます。

素材はポリエチレン。簡単に言えば、台所にある食品用のラップと同じです。ラップなので結ぶ必要もなく、くっつけるだけでOKです。

左がダイソーの梱包用フィルムです。
左がダイソーの梱包用フィルムです。

左がダイソーの梱包用フィルム、右がカインズで売っているミニストレッチフィルム(フォルダー付き)です。幅はどちらも約10cmで、梱包用フィルムが長さ100m、ミニストレッチフィルムは150mです。

梱包用フィルムはホルダー付き(一体)ですが、カインズのは別体でフィルム部分が交換できます。ちなみにお値段は、フォルダー付きが298円、ストレッチフィルムだけなら198円でした。

続きを読む

【ヤフオク】やっちまった!(汗)。私だけ?出品者がやりがちなミス!

いやぁ~焦ってしまいました汗(汗)

  1. タイトルに【送料無料】と書いて、送料出品者負担で出品
  2. 落札されなかったので、送料落札者負担で送料分安くして再出品
  3. あ!タイトルの【送料無料】を消し忘れてた!(汗)

ヤフオクって送料は「落札者負担」の文化があるんです。周りはみんな「送料落札者負担」なので「送料無料」で出品すると、目立つし落札されやすいんですよね。
タイトルに【送料無料】ってわざわざ書かなくても「送料無料バッジ」が付くから目立つんだけど、タイトルに書いておけば「余計に目立つ」じゃないですか。だからタイトルに入れがちなんです。

送料無料で落札されなかったら…価格を下げて再出品。その時送料を落札者負担に変更・その分の価格を下げれば、「〇〇%下げて出品」って表示されて、大幅な値下げがアピール出来るんですね。

落札者は送料を負担するのだから支払う金額は同じなんだけど、なんとなく「安く落札した気分」!win winの関係?www
ちょっとずるいやり方かもしれないけど、欲しかったのなら「送料無料」の時に落札すれば良いわけで。ちょっとしたテクニックなんですね。

でも…タイトルの「送料無料」を消し忘れていたら…それで落札されたら…タイトルと中身が食い違うことになって「エライコッチャ」です(汗)。

出品中は説明文を追記することはできますが、画像やタイトル・説明文を修正することはできません。なのでミスに気がついたら、「送料無料ではありません。すみません」を追記すれば良いのですが、あまりスマートでは無いですよね。

出品者はオークションを取り消すことができます。なのでミスに気がついたら、サクッと取り消してオークションを終了させることができます。ただし入札者ありのオークションは、「取消手数料」(550円)がかかるんです。なので説明文の追記で納得してもらうか、出品者が送料を負担するか…なかなか迷うところではあります。

でも、タイトルと中身が違うんだから、ここは(手数料を負担して)オークションを取り消すのがスマートですよね。

…実は、やらかしてしまいまして(汗)

説明文は注意深く修正したのですが、タイトルの修正を忘れていたんです。そのまま再出品してしまって、数日後気が付きました。
次回からは、送料無料でもタイトルに書かないようにしようかと思っております。

そのまま落札されてしまったら、落札者との間の信頼関係を損なうことにもなりかねません。ネットというお互い顔の見えない取引は、信用・信頼がとても大切です。出品・落札・商品の発送・到着、全て信用に関わりますので、ホント慎重に行いたいですね。

ということで本日は、ヤフオクで「やらかしてしまった」お話でした。

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。
でわ!

※Youtubeチャンネル
channnel yamamoa
※応援・チャンネル登録、よろしくお願いします。

※ツイッターでも情報を発信中!「@yamamoa」フォローお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

【ダイソー】フリマやるなら1枚は持っていたい!発送用 厚さ測定定規

メルカリ、PayPayフリマ、ラクマなどのフリマアプリや、ヤフオクなどのネットオークション。活用されている方も多いですよね。こちらのグッズ、特に出品者の方の必需品!ダイソーで売っていた「発送用 厚さ測定定規」でございます。

ダイソーで売っていた「厚さ測定定規」
ダイソーで売っていた「厚さ測定定規」

左の白いのが以前から持っていた測定器で、右のが今回新しく買ってきた測定器です。どちらも100円ショップのダイソーで100円+税です。

購入された商品、ネコポスやゆうパケットを使った発送も多いですよね。そんな時に便利な測定器です。

ご存知のようにネコポスやゆうパケットには、サイズ・重さの制限があります。

【ネコポス】1kg以内/縦23~31.2 x 横11.5~22.8 x 厚さ2.5cm以内 ※1
【ゆうパケット】 1kg以内/縦 x 横 x 厚さ 60cm以内/長辺34cm 厚さ 3cm以内

※1 フリマでは厚さ3cm以内まで受け付けてくれます。

意外と細かいんですよね。でもこのサイズで送れるなら、おそらく最安値で送れます。なので、できるだけこのサイズに収まるように工夫して梱包・発送しています。

で、サイズはメジャーなどでさっと測れますが、厄介なのが厚さ。3cm以内と言っても3cmの隙間が通ればいいので、衣類など膨らんでいても押しつぶせば3cmの隙間に通るかもしれない。そこで登場するのが「厚さ測定器」です。測定器の3cmのスリットに(無理矢理でも)通る!っていうのが郵便局などに行かなくても試せるんです。

左の白いのが以前から持っていた測定器で、右のが今回新しく買ってきた測定器です。どちらも100円ショップのダイソーで100円+税です。

こんな感じに使います。
こんな感じに使います。

使い方は簡単!発送物をスリットに通すだけです。通ればネコポスやゆうパケットで発送できます。

写真の箱は、ネコポスでの最大の大きさの箱です。厚さは2.5cm以内なのでネコポス/ゆうパケットのどちらでも使用できます。
そうそう、メルカリで「ゆうパケット専用」の箱が販売されていますが、10月から厚さ制限が3cmに緩和されたのでネコポスでも使えそうですが、実はサイズがアウトで使えません。

続きを読む

【メルカリ】オファー機能10月15日に終了!

メルカリの特定カテゴリで出品者に「この値段なら買う」っていう購入者の機能(ボタン)「オファー」が、10月15日午後3時頃で完全に終了することが伝えられました。
出品者に対して、密かに値引きを提案?する機能でしたが、やめちゃうんですねぇ~

PayPayフリマで同様の機能があり、こちらは(購入希望社)値引き交渉&(出品者)その値段で売る・お断りする・そこまで値下げできないけどこの金額でどう?(逆提案)ができます。もちろん出品者と購買希望者間の秘密交渉になるのですが、これはこれであっても良い機能だなって思うんです(逆に、PayPayフリマでは、コメントでの価格交渉は禁じられています)

オファーがなくてもコメントのやり取りで金額交渉はできるし、おそらく今でも主な手段としてコメントが使われていると思います。でもコメントは公開されているので、交渉している人と異なる人が、値下げされた金額で購入することが出来るんですね。(俗に言う「横取り」です)
横取りを防ぐために「専用ページ」を作ったりしていますが、「専用ページ」はメルカリの規則的にグレーの部分があり、今は黙認されているけど、そのうちペナルティをくらわに愛とも限りません。それに「専用ページ」にしても、他の人が買って悪いって言うことはなく。購入されたら取引しなければなりません。とわいえ「横取り」って購入希望社・出品者双方にとって、あまり気分のいいものではないですよね。
※なので、メルカリ的にはとてもグレーなんですねw

フリマって、値切って買うことを基本としている部分もあり、根切り交渉を公開する必要もないと思うんだけど…オファー機能が無くなるってことは、「値切り交渉は公開で」そして「値切り後の値段で、誰も買っていいよ」って言うことなんでしょうね。

良くなるのか悪くなるのか…

オファー、私も何度も経験ありますが、オファーの限度である「2割下げ」を要求してくるんですよね。だいたいさぁ1度も取引してない人から「2割下げたら買う」的な?上から目線って、あんまり気分よくないですよね。5%程度なら考えますが、2割?…はい!即ブラックリスト行きですwww
コメントでいきなり「半額以下」を要求してくるツワモノいますからねぇ。2割なんてかわいいものかもしれません。が、いくらなんでも常識を逸脱してますよね。こちらも、即ブラックリスト行きですw
※だってさぁ、取引で問題が出そうじゃん。危うきには近づかずです。

続きを読む