Canon TS3330、黒のインクが切れたので詰め替えました!

先日購入した激安プリンターのキヤノン TS3330、大活躍中でございます。プリンターって無くてもあんまり困らないけど、あると結構使っちゃうんですよね。激安でも印刷速度も品質も特に問題なく、自分的には良い買い物だったかなって思うんです。

ブラックインクの残量警告LEDが光ってますw

100枚はプリントしてないと思うんだけど、ブラックインクの残量警告?早めに点灯してる感じ。ウチではモノクロ印刷・コピーがメインなので、黒インクの減りが早いのかも。

モノクロコピー中に黒インクが無くなったみたい(汗)

プラモの説明書をモノクロコピーしてたら、いきなり黒インクが無くなった?印刷がかすれてしまいました。

っていうか、このプリンターインクが無くなったら印刷停止しないんだ(@_@;)
TS3330の前に使ってたブラザーのプリンターやエプソンのプリンターでも印刷停止して以降印刷できなくなったんだけど…さすが「激安」!コストを押さえたのか?

ちなみに…プリンター本体は激安だけど、インクカートリッジは高いんです。おそらくインクカートリッジ(消耗品)で利益を回収する「ビジネスモデル」なのかも。
※TS3330は、黒が345,3色カラーは346ってい型番のインクカートリッジを使っています。

黒とカラーのキヤノン純正インクカートリッジ、約6,000円でございます。プリンタ本体の購入価格とほぼ同じなんですね。黒インクだけでも純正だと約2,000円!高いよね~

詰替え用のインクを事前に準備しておりました(*^^)v
詰替え用のインクを事前に準備しておりました(*^^)v

純正以外だと「互換インク」か「詰め替え」の2者選択。このプリンターのインクカートリッジってヘッド一体型なので、互換インクだと「ヘッド」部分が心配です。
なので、「詰め替え」インクを選択!互換・詰め替えインクで有名な「チップス」せいでございます。

黒インクの詰め替え3回分とカラー(3色)1回分のセットでございます。アマゾンでセットで2,380円!なかなかのコスパでございますwww

そうそうインクカートリッジには容量によって2種類あるらしく、XLの記載がある方が「大容量」タイプ。プリンターに同梱されていたカートリッジはXLタイプではなく、標準タイプ?だから印刷枚数も少なかったのかも。

黒の詰め替えインクのセット。
黒の詰め替えインクのセット。
  • ホルダー
    穴あけ用のフタとインク注入用のフタが付いてます。
  • 穴あけ用のドリル
  • 詰替え用インク(3個)

これで黒インクを3回詰め替えられます。
詰替え用インクで付属しがちな「ビニール手袋」とかは付属しません。おそらく「手がインクで汚れることはない」のでしょう。なかなか良く出来てるセットだと思います。

でわ、早速詰め替えてみましょう。

ホルダーに使い切った黒のカートリッジをセット。
ホルダーに使い切った黒のカートリッジをセット。

取扱説明書に沿って作業を進めます。
まずは、使い切った黒インクカートリッジをホルダーにセット。シールは貼ったままでもいいけど、シールの上から孔を開けることになるので私は剥がしました。

シールを剥がすと、こんな感じです。
シールを剥がすと、こんな感じです。

シールを剥がすと、こんな感じ。インク注入口らしきもの(穴)は見当たりません。あなあけようの

穴あけ用のフタをして、ドリルで穴を開けます。
穴あけ用のフタをして、ドリルで穴を開けます。

穴あけ用のフタをセットして、付属のドリルで穴を開けます。結構力を入れないと穴が空きません。ドリルを押しながら右に回して、頑張って穴を開けます。

穴あけ完了!
穴あけ完了!

どのくらいの深さの穴を開けるのか…穴あけ用のフタがストッパーの役目も担ってるので、深く差し込みすぎず…分かりやすいです。

穴はこんな場所に開きました。
穴はこんな場所に開きました。

穴あけのときに結構クズが出るので、カートリッジをひっくり返すなどしてきれいに取っておきます。
写真は、左から4つ目の溝の中央付近に、インク注入用の穴が空いた状態です。

インク注入中!
インク注入中!

インク注入用のフタに交換、補充インクを差し込むと自然にインクが補充されていきます。

インク補充完了!
インク補充完了!

数分でインクが補充されました。っていうか、11mlの容量、1本丸々入るのねw
おそらくXL、大容量カートリッジ分入ったんだと思います。

シールを貼り戻して、インクの詰め替え完了!
シールを貼り戻して、インクの詰め替え完了!

剥がしたシールを貼り戻して、インクの詰め替え終了!確かに手は汚れません!穴あけがちょっと大変だったけど、楽に詰め替えられました!

印刷もバッチリです!
印刷もバッチリです!

早速印刷!バッチリです(*^^)v

この状態は、まだ警告状態です。
この状態は、まだ警告状態です。

インクを詰め替えたら、「残量検知を無効」にする必要があります。無効にしないと印刷できないんですね。

ちなみに上の写真の状態は、「黒インクが少ないですよ」。いわゆる「警告」の状態です。印刷途中で黒がカスレたのでインクが無くなった思ったのですが、プリンター的にはまだ「警告」。残量ゼロを検知したら上の三角印「アラーム」が点灯し、印刷できない状態になります。

印刷がかすれたので「黒のインクが切れた」と思って詰め替えたのですが、アラームになってないので、残量検知無効の操作(ストップボタン長押し)は受け付けてくれませんでした。で、数枚印刷したらアラーム点灯!すかさず「ストップ長押し」でアラームを解除。印刷できるようになりました(*^^)v

っていうか…印刷がかすれる前に「アラーム」出してくれよ~って思います(汗)


それにしても…さすがチップス!分かりやすいし簡単!インク詰替初心者には、ホントオススメなキットです。ダイソーでも詰め替えインクは売ってるけど、穴あけの位置とか説明書だけでは分かりにくいけど、ホルダーや穴開け用フタが付いてるので、ホント簡単!ても汚れず数分で詰め替えできました。
純正インクじゃないけど、印刷した限りでは特に問題なし!インクのコストをあまり意識せず印刷できるようになりました。

でね?思ったんだけど…

空になったチップスのインクボトルに、ダイソーの詰め替えインクを補充すれば、いつも簡単・手も汚れず詰め替えられるんじゃね?チップスの詰め替えキットは「初期投資」で、ダイソーの詰め替えインクでコスト削減!…良いかもwww

ということで本日は、キヤノン TS3330の黒インクが無くなったので、チップスの詰め替えキットを使って黒インクを詰め替えました!っていお話でした。インク代節約をお考えの方、試す価値はあると思いますよ!

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。
でわ!

※Youtubeチャンネル
channnel yamamoa
※応援・チャンネル登録、よろしくお願いします。

※ツイッターでも情報を発信中!「@yamamoa」フォローお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

※2021年3月27日追記

キヤノン TS3330の黒インク(345)は「顔料インク」ですが、チップスの詰め替えキットのインクは「染料インク」らしく。染料インクは紙に染み込むので、若干滲みがあるかも。でも私的には特に気にならず、ガンガン印刷してます。
ただ、「顔料インク」と「染料インク」の違いがあるっていうことはご承知おきくださいね。
そうそう、ダイソーの詰め替えインクも「染料インク」です。顔料インクより染料インクの方が「安い」んでしょねwww

フタ付きボトル?ココにスプリングが見えます!
フタ付きボトル?ココにスプリングが見えます!

インクのチップスの黒インクの空きボトル見てたら、ココ(矢印のところ)にスプリングを発見!もしかしてフタが付いてる?スプリングで閉まるようになっているなら、インクが残っていても漏れない(漏れにくい)構造なのかな?
なかなか凝ったギミックですねぇ。フタ付きなら、予めダイソーのインクを補充して保管しても良いかも。

(Visited 24 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.

yamamoa

ブログを見て頂き、ありがとうございます。 今月(2019年12月)からメルカリを始めました。 毎日試行錯誤しながら、楽しんで売ってます。 どうか買ってやってくださいw 私の詳細は「ご挨拶 自己紹介」をご覧ください。よろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です