ダンボール箱を開梱!貼ってあるOPPテープを切る時は、カッターの刃は斜めに入れましょう!

組立家具やアマゾンなどのダンボール箱、OPPテープ(透明な梱包用のテープ)で閉じられていることがあります。
このOPPテープを、カッターとかハサミの刃で切ると思いますが…

刃を垂直に入れる…これはダメな刃の入れ方です。

刃を垂直に入れる…これはダメな刃の入れ方です。

写真の例のように、垂直に当てて(入れて)OPPテープを切っていませんか?
これは実はダメな刃の入れ方(切り方)です。

何がダメなのか?
OPPテープだけ切れればいいけど、力の入れ加減によっては…

中のダンボールや、間違って部材を傷つける恐れがあります。

中のダンボールや、間違って部材を傷つける恐れがあります。

上の写真は極端な例ですが、グサッと刺しちゃう場合があるんですね。

組立家具の場合、ダンボールを開けると緩衝用のダンボールが入ってなくて直接部材が入っている物もあります。
カッターの刃が深く刺さっていると、例えば横板とか天板などの部材に直線傷が…(汗)

開梱時に傷を付けちゃうと、お店とかでの不良交換はできません。
いくら「初期不良」、「最初から傷がついてた!」って主張してもダメです。
メーカーなどの返品担当者が見れば、一発でバレます(分かります)。

まず横のテープを切ります。

まず横のテープを切ります。

ダンボールを開梱する時は、まずは両方の横のテープを切ります。
※横は刃を入れすぎても大丈夫です。

カッターの刃は、必ず斜めに入れましょう!

カッターの刃は、必ず斜めに入れましょう!

横を切ったら、次は上。
カッターの刃は、必ず斜めに入れます。
感覚的には、ダンボールの内側(波板の部分ですね)を切るような感じです。
ある程度切ってしまえば、ダンボールの両側を持ち上げればOPPテープならスッと切れて開梱できます。


ワタシが家具の検品を生業にしていたとき、たまに見かけたんですよね。
組立家具の横板に一直線の切り傷!
天板に一直線の切り傷!
「最初から傷ついてました」。お客様はおっしゃいますが、見ればわかります。
「あなたが開梱する時にカッターで付けた傷ですよね」→返品受け付けできません!

大切な家具、傷つけたくないですよね。
組立家具や、組み立て済みの家具の場合でも、開梱時はカッターの刃の入れ方注意してくださいね。

ダンボールの梱包で、たまにOPPテープが2重・3重に貼られている場合があります。
上から刃を入れて、なかなか切れないから力を入れすぎて…天板をグサリ!
っていう事故にならないよう、刃は必ず斜めに!

カッターでダンボールを開梱時の、ちょっとした豆知識でした!
※豆知識シリーズ、これからも書いていきますのでよろしくです。
でわ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

※ワタシ的には「タジマ」のカッターが一番使いやすかったです。

(Visited 3 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です