【メルカリ】オファー機能10月15日に終了!

メルカリの特定カテゴリで出品者に「この値段なら買う」っていう購入者の機能(ボタン)「オファー」が、10月15日午後3時頃で完全に終了することが伝えられました。
出品者に対して、密かに値引きを提案?する機能でしたが、やめちゃうんですねぇ~

PayPayフリマで同様の機能があり、こちらは(購入希望社)値引き交渉&(出品者)その値段で売る・お断りする・そこまで値下げできないけどこの金額でどう?(逆提案)ができます。もちろん出品者と購買希望者間の秘密交渉になるのですが、これはこれであっても良い機能だなって思うんです(逆に、PayPayフリマでは、コメントでの価格交渉は禁じられています)

オファーがなくてもコメントのやり取りで金額交渉はできるし、おそらく今でも主な手段としてコメントが使われていると思います。でもコメントは公開されているので、交渉している人と異なる人が、値下げされた金額で購入することが出来るんですね。(俗に言う「横取り」です)
横取りを防ぐために「専用ページ」を作ったりしていますが、「専用ページ」はメルカリの規則的にグレーの部分があり、今は黙認されているけど、そのうちペナルティをくらわに愛とも限りません。それに「専用ページ」にしても、他の人が買って悪いって言うことはなく。購入されたら取引しなければなりません。とわいえ「横取り」って購入希望社・出品者双方にとって、あまり気分のいいものではないですよね。
※なので、メルカリ的にはとてもグレーなんですねw

フリマって、値切って買うことを基本としている部分もあり、根切り交渉を公開する必要もないと思うんだけど…オファー機能が無くなるってことは、「値切り交渉は公開で」そして「値切り後の値段で、誰も買っていいよ」って言うことなんでしょうね。

良くなるのか悪くなるのか…

オファー、私も何度も経験ありますが、オファーの限度である「2割下げ」を要求してくるんですよね。だいたいさぁ1度も取引してない人から「2割下げたら買う」的な?上から目線って、あんまり気分よくないですよね。5%程度なら考えますが、2割?…はい!即ブラックリスト行きですwww
コメントでいきなり「半額以下」を要求してくるツワモノいますからねぇ。2割なんてかわいいものかもしれません。が、いくらなんでも常識を逸脱してますよね。こちらも、即ブラックリスト行きですw
※だってさぁ、取引で問題が出そうじゃん。危うきには近づかずです。

なにか問題があるから「オファー機能」を止めるんだと思うけど、その辺は公開されないんですよね。でもまぁ我々利用者は、メルカリに逆らってはなりません。「お客様は神様です」っていう言葉がありましたが、メルカリ利用者は「メルカリは神様」なんですよね。反発して利用停止になったら、ホント目も当てられません。
定められたルールがあるから、健全に利用できる。ということでwww

ということで本日は、メルカリのオファー機能が終了するっていうお話でした。

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。
でわ!

※Youtubeチャンネル
channnel yamamoa
※応援・チャンネル登録、よろしくお願いします。

※ツイッターでも情報を発信中!「@yamamoa」フォローお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

(Visited 15 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.

yamamoa

ブログを見て頂き、ありがとうございます。 今月(2019年12月)からメルカリを始めました。 毎日試行錯誤しながら、楽しんで売ってます。 どうか買ってやってくださいw 私の詳細は「ご挨拶 自己紹介」をご覧ください。よろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です