国内・海外どこでもインスタントラーメンが作れる!車中泊でも使える!「ヤザワ トラベルマルチクッカー」TVR-21BK

電気ヒーターと鍋がセットになってるトラベルクッカー「ヤザワ トラベルマルチクッカー TVR-21BK」のご紹介でございます。
ワタクシこのセットとポータブル電源(suaoki PS5B)で、車中泊の時にインスタントラーメンを堪能してしまいましたw

車中泊でインスタントラーメン?
ラーツーって言うわけではないけど、やってみたかったんですよ~

※ラーツーとは…
ラーメンツーリングの略で、主にバイクなどで景色の良いところなどに出向き(ツーリング)現地でインスタントラーメンなどを作って食べること。
別に現地の美味しい物、名物などを食べればいいじゃん?っていうご意見もあると思いますが…

それとは別。
例えば海岸や河原など、お店はないけど景色が綺麗とか気持ちがいいとか。
そういう所でインスタント麺を「作って」←ココ重要w食べるのが良いんです。
私は車(ジムニー)だけど、やってみると結構楽しいんですよ。

この記事の下の方に、参考動画を貼っておきます。
良かったら見てくださいね。

待ってました!いつものダンボールでご到着でございます!
待ってました!いつものダンボールでご到着でございます!

「トラベルクッカーTVR-21BK」は、電気ヒーター式の調理器具。
110Vと230Vに対応しているので、変換コンセントを使えば海外でも使えます。

例えば旅館やホテル…海外の方が良いかな?
海外のホテルなどで、お湯を沸かしてコーヒー飲んだり、日本から持っていったインスタントの味噌汁やインスタントラーメンなどを作って食べたり。

わざわざ海外のホテルでインスタントラーメン食べなくてもいんじゃね?
って思われるけど、食べたい時って無いです?
味噌汁飲みたくなりません?

そういう時に旅行かばんからサクッと出して、ぱっぱと作って食べる。
絶対美味いよね!

ちなみに…私は海外に行く予定はありません。
実家に帰省とか、ちょっとしたお泊り旅行など。
国内でのみ、愛車ジムニーでの車中泊旅行が主な使いみちでございます。

そうそう、車中泊で使うには電源の確保が必要。
車ということも考慮して、バッテリ上がりの時に「ジャンプスターター」としても使えるポータブル電源。
suaokiのPS5B、おすすめです。

箱の背面に、セット内容と注意書きが書かれています。
箱の背面に、セット内容と注意書きが書かれています。

電気ヒーターと専用の鍋、丼などがセットになっていますので、電源さえ確保できれば調理に使えます!

早速開封!こんにちわw
早速開封!こんにちわw

箱を開けると、注意書きが入っています。

電気ヒーターの使用電圧(100-130Vまたは200-220-240V)は、自動ではなくスイッチで切り替えます。
国内で使う時は100-130Vにセットしますが、100Vのまま海外(200Vの諸国)で使うとヒーターが壊れます。
なので、確実にスイッチを切り替える必要があります。

ヒーター本体、専用の鍋など…箱の中身は以上です。
ヒーター本体、専用の鍋など…箱の中身は以上です。

セット内容は…

  • ヒーター本体
  • 専用のアルミ製の鍋
  • 樹脂製の蓋(内側にスプーン’&フォークが付いてます)
  • 樹脂製の丼
  • 専用のポーチ
  • 取説・保証書など

で以上です。

鍋の中に丼…の中にヒーター。コンパクトに収納できます。
鍋の中に丼…の中にヒーター。コンパクトに収納できます。

フタを開けると、専用の鍋の中に丼、さらにヒーター本体が収まります。
ヒーターが重いけど、かなりコンパクトに収納できますね。

専用のポーチに入れると、こんな感じ。
専用のポーチに入れると、こんな感じ。
収納時の重さは、約980グラムです。
収納時の重さは、約980グラムです。

全て収納した状態で、15.5センチx15.5センチx9センチ。
重さは約980グラムですね。

四角いカタチで鍋の中にすべてが収まるので、旅行かばんやキャンプ(車中泊)の道具箱にすっぽり収まります。

ヒーターの底面に、電圧の切り替えスイッチがあります。
ヒーターの底面に、電圧の切り替えスイッチがあります。

ヒーターの底面に、電圧の切り替えスイッチがあります。
購入当初は220-240Vにセットされていますので、国内で使う時はコインやマイナスドライバーで100-130Vにセットします。

220-240Vの時に国内(100V)のコンセントに挿しても特に問題ない(ヒーターはさほど熱くはならないかも)けど、100-130Vセットで200Vのコンセントに刺すと…異常加熱により故障します。
くれぐれも注意してくださいね。

ヒーターの大きさはこんな感じ。

電気ヒーターの大きさは、約12.5センチx約12.5センチx高さ約7センチです。
ヒーター部分はステンレス製で直径約10センチで、ヒーター本体の外装は樹脂製です。
ヒーター単体での重さは、約670グラムでした。

固くて太めの電源コードが側面に巻きつけられています。
このコード、きっちり巻き付けないとコンセントの差し込み部分が中心に収まりません。
きっちり設計になってますので、巻きつけるのに慣れが必要かもw

専用の鍋はこんな感じです。
専用の鍋はこんな感じです。

専用のアルミ製の鍋。
表面はザラザラ加工で、取っ手は折りたたみ式です。
底面は、ヒーターの出っ張りが沿うように加工されています。(凸ってます)

大きさは約15センチx約15センチx約7.7センチ。
最大容量は約1.3リットル。
インスタントラーメンを作る時のミスの量は450ml~500mlなので、十分な容量ですね。

頑張れば、2袋同時に(一緒に)作れます。

袋麺を入れるとこんな感じです。
袋麺を入れるとこんな感じです。

アルミ鍋には、インスタントラーメンがすっぽり入ります。

ちなみに…樹脂製の丼は幅高さともに一回り小さいので、鍋にすっぽり収まります。
樹脂製の丼ですが、例えばインスタントラーメン二袋一緒に作って、一人前ごとに分ける的な使い方ができますね。

実消費電力は、約300ワットでした。
実消費電力は、約300ワットでした。(神奈川の自宅で実験しました)

インスタントラーメンを作ろことを想定して、500mlのお湯を沸かしてみました。
定格は100-130Vのときに250ワットなのですが、実際は約300ワット消費されています。
※神奈川県の自宅での数値です。

500mlのお湯が湧くのに、約12分かかりました。
なので、インスタントラーメンなら約15分でできますね。

鍋だけ使って熱源はガスっていう使い方もできるかな?
鍋だけ使って熱源はガスっていう使い方もできるかな?

さすがに300ワットだと時間が…なら熱源はガスを使う?っていう手もありそうです。
でもこの専用鍋、おそらく直火は想定されてないですよね~
使えなくはないと思うけど底面が変形する可能性もあるので、ワタシ的にはオススメしないですね。

インスタントラーメン作ってみたの図。
インスタントラーメン作ってみたの図。

ジムニーで車中泊の時に、ポータブル電源suaoki PS5Bを使ってインスタントラーメンを作りました。
車内でラーメン…実に楽しかったですw

ガスバーナーやカセットガスコンロでお湯を沸かすのもありとは思うけど、車内で火を使うのは…意外と大きな炎・熱や一酸化炭素も発生するし、私としてはちょっと躊躇します。
でも、電気ならガスよりは安全ですよね。

車中泊…泊まりじゃなくても、コーヒーを淹れるとき用の湯沸かしにも使えるし。
これからも旅行のときには、ポータブル電源とセットで持っていこうと思っています。

車にこのトラベルクッカーと一緒に、非常用の水(長期保存が出来る物)とポータブル電源、インスタントラーメンや非常食を積んでおけば…万が一の災害への備えにもなりますね。

そうそう、開封画像でも確認できると思いますが、蓋についているスプーン&フォーク。
フォークが小さすぎて、ちょっと実用には耐えないかも。


使うとき、使った後の注意点をいくつか書いておきますので、ご参考にどうぞ!

・使い始めの頃は、電気製品?電熱線?独特の匂いがしますが、匂いはだんだん薄れますので、心配はいらないと思います。

・使った後ヒーター部がかなり熱くなっていて、冷めるのにも時間がかかります。
くれぐれもヒーターには触らないように注意してくださいね。
専用鍋に水を入れてヒーター部に置いておけば、少しは冷めるのが早いかも。
それに、うっかり触ってしまうこともないですよね。

・ヒーター本体は防水ではないと思うので、吹きこぼれなどに注意してくださいね。

・このヒーターにはゴトクがないので、普通の鍋は使用できません。
専用鍋の底がヒーターにピッタリ収まる構造なので、専用の鍋だけで使ってくださいね。
※普通の鍋やフライパンなどでは、おそらく滑り落ちて危険です。

・丼、蓋、スプーン&フォークは樹脂製で、耐熱温度もそれほど高くありません。
使用中、冷める前のヒーターには近づけたり載せたりしないように!
溶けます。ヒーターにくっつくと、おそらく剥がれませんw
くれぐれもご注意を。

。鍋は自宅に持ち帰ってから洗うようにします。
ウエットティッシュで拭ってキッチンペーパーで拭けば、そこそこキレイになります。
サービスエリア・パーキングエリアなどの洗面・トイレとかに、食べ残し、お汁を流したり、鍋を洗うのは絶対にダメですよ!←ここかなり重要!


※追記

関東(自宅のある神奈川県)では消費電力約300Wでしたが、関西(実家のある愛媛県)では…

100V 60Hzの方が、消費電力下がってる!
100V 60Hzの方が、消費電力下がってる!

…約260W!(・・;)

関東は100V 50Hzで関西は60Hz。
10Hzの違いなんですかねぇ。

ちなみにsuaokiのポータブル電源PS5Bでは、310W~320W程度でした。
PS5Bは110V 60Hz。
電圧の違いなんですかねぇ…内部ロス?謎です(汗)

ちなみに…お湯が湧く時間は、3者とも大して違いはなかったです。


トラベルマルチクッカー…これからの季節、ラーツー良いですよね~
車中泊のお供、万が一の災害に備えて…一家に(一車に?)一台!あると良いと思います。

という事で本日は、国内・海外どこでも使える電気調理器と鍋のセット「ヤザワのトラベルマルチクッカー TVR-21BK」のご紹介と、使う上での注意事項などでした~ご参考にどうぞ!

ジムニー旅日記はこちら…

JB23ジムニーで2泊3日の車中泊1人旅!愛媛の実家まで走ります!…その1
JB23ジムニーで2泊3日の車中泊1人旅!愛媛の実家まで走ります!…その2
JB23ジムニーで2泊3日の車中泊1人旅!愛媛の実家まで走ります!…その3

ジムニーJB23一人旅、一泊二日で神奈川の自宅に帰ります!…その1(刈谷PAまで行きます)
ジムニーJB23一人旅、一泊二日で神奈川の自宅に帰ります!…その2(自宅到着)

よろしくです。

※2019年11月8日追記

YouTubeで、このトラベルマルチクッカーとポータブル電源(suaoki PS5B)を使って、景色のいいところまでジムニーで行ってラーメンを作って食べる「車で行くラーツー【麺ドラ】」シリーズを公開中です。
トラベルマルチクッカーの使い方、使い勝手も分かりますので、良かったら見てくださいね。

参考として、麺ドラ第3段の動画を貼っておきます。

※Youtubeチャンネル

channnel yamamoa
※応援・チャンネル登録、よろしくお願いします。

※ポータブル電源 suaoki PS5B

ツイッターでも情報を発信中!「@yamamoa」フォローよろしくです。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!


(Visited 957 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.

yamamoa

ブログを見て頂き、ありがとうございます。 今月(2019年12月)からメルカリを始めました。 毎日試行錯誤しながら、楽しんで売ってます。 どうか買ってやってくださいw 私の詳細は「ご挨拶 自己紹介」をご覧ください。よろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です