【開封編】3年半使ったアクションカム「SJ4000」の後継として、「Crosstour(クロスツアー) CT8500」をゲット!

私が初めてアクションカメラ(ウエアラブルカメラとか言われてたかな?)を買ったのは、2015年の11月…約3年半前です。
3年半前、安いけど評判の良かった「SJCAM SJ4000」をゲット!
ドライブレコーダー代わりや、旅の記録として使ってきました。

※「SJCAM SJ4000」については、こちらの記事をご参考にどうぞ!
ドライブレコーダーにするつもりで…SJCAM SJ4000買ったw」(2015年11月公開のレビュー記事)

SJ4000って、安いけど品質の悪い「コピー品」が多数販売されたことでも有名ですが、私はSJCAMの正規品をゲット。
小さいのによく撮れる!最高1080P30fpsですが、画質も使い勝手も良く。
気に入って使ってました。

でもさぁ…さすがに3年半も使うと、レンズ面はキレイだけど外装は結構ボロボロ。
防水ハウジングは殆ど使わず、フレームガードだけ付けて使ったり、そのまま手持ちで使ったり…だったので、まぁ仕方ないけど。

それに、手ぶれ補正がないから、ドライビング動画や手持ち動画で、やっぱりブレ揺れなんですよね。

でね?
そろそろ「SJ4000」の後継機が欲しいなって思って。

クロスツアーのCT8500をゲット!
クロスツアーのCT8500をゲット!

アマゾンでの評価のも良かったし、タイムセールで5000円切ってたので…思わずポチってしまいました!

【進化版】Crosstour アクションカメラ 4K高画質1600万画素 水中カメラ 外部マイク リモコン付き WiFi搭載 手ブレ補正 タイムラプス ループ録画 防水 防塵 耐衝撃 2インチ液晶画面 HDMI出力 170度広角 SONY製CMOSセンサー 1050mAh大容量バッテリー2個付 豊富なアクセサリー 日本語メニュー 日本語説明書 【メーカー1年保証】」でございます。
※相変わらず、アマゾンでの商品タイトルって長いよね(汗)

どこが【進化】してるか分からないけど、

  • 最大 4K 30ftp
  • 4K 30ftp以外の解像度(1080P60ftpとか)なら、電子式手ぶれ補正機能搭載
  • 外部マイク対応(付属)
  • SONY製CMOSセンサー搭載←画質期待できそうだよねw
  • リモコン付属←自撮り棒とかで使いやすそう
  • バッテリー2個付属

などなど、SJ4000より絶対進化してるな!って思って。
後継機種として選定させていただきました(^o^)v

そうそう、CT8500を選んだ理由がもう一つ!
「64GBマイクロSDカード対応」

SJ4000って最大32GBで、フルHD30fpsだと、最長で4時間半ほどしか撮れなかったんです。
※ドライブモードだと、容量いっぱいになったら古いファイルから上書きされて…消されちゃうんです。
64GBあれば2倍まではいかなくても、6~7時間位撮れそうですよね。

さすがに4時間半ぶっ通しで運転することはないんだけど、長時間録画ならメモリーカードを交換する手間が少なくなりますよねw

64GBもマイクロSDカードも、同時にご注文w
64GBもマイクロSDカードも、同時にご注文w

最近はマイクロSDカードもカードもお安くなりましたねぇ~

Team microSDXCカード 64GB 高速転送UHS-1 日本国内10年保証 SD変換アダプター付属 正規品」も同時にご注文。(1,080円でございました。)

Crosstour CT8500きた~
Crosstour CT8500きた~

Crosstour Action Camera CT8500来た~
箱の外観は、こんな感じ。

箱の底面に仕様が書かれています。
箱の底面に仕様が書かれています。

ん?
ストレージのところ、32GBまで的な記載がありますね。
このカメラ、確か64GBまで対応だったよね(汗)

とりあえず…開封!こんにちわw
とりあえず…開封!こんにちわw

マイクロSDカードの容量、ちと気になりますが…
とりあえず…開封!こんにちわw

箱の右側…アクションカメラ CT8500が見えてますねw

箱の内容物を全部出しましたw
箱の内容物を全部出しましたw
  • CT8500本体
    防水ケースに入ってます。
  • 取扱説明書
    暑さ5ミリ位かな?各国語対応の取説。もちろん日本語表記のページも有りました。
  • 付属品が詰まった箱
  • フェイスブックをよろしくカード
  • プレゼントあげるよカード(ブルーのやーつ)

箱の中身は以上です。

なんとなく怪しいカード。
なんとなく怪しいカード。

アマゾンでの評価が良い理由は…これか?
高評価(星5個ね)を書いてくれたら、どれか一つをプレゼント…らしく。

Crosstour CT8500を買って高評価を書くと、プレゼントが貰える。
なるほど…
星5個の高評価が並ぶ理由は、これでしょうね。
※なんとなく、無理やり星5個的な評価記事もあるしね。
※高評価が多くてみんな買うから?「ベストセラー1位」とかにもなってるしね(汗)

私は…様子をみて、ほんとに星5個の商品だったら評価を書きましょう。

付属品の箱の中身。たくさん入ってますね!
付属品の箱の中身。たくさん入ってますね!

「SJCAM SJ4000」の時もそうっだったんですけど、付属品がたくさん入ってます。
SJ4000の付属品とも互換性があるみたいなので、必要に応じて使っていこうと思います。
※入っている物は、SJ4000の付属品とほぼ一緒でした。

とりあえず必要そうな物。
とりあえず必要そうな物。

バッテリー(1050mAが2個)、マイク、リモコン…くらいが、とりあえず必要かな?

リモコンを腕につけると、こんな感じ。
リモコンを腕につけると、こんな感じ。

リモコンを腕につけると、こんな感じ。
ベルトは面ファスナー(いわゆるマジックテープ)になってます。
なので、腕の太さに左右されず取り付けできます。

灰色のボタンが動画の録画開始・停止。
赤いボタンは、写真撮影用のシャッターですね。
ボタンを押すと、中央のLEDが光ります。

自撮り棒など、カメラが離れているときに、威力を発揮しそうですね。
電池はすでに入っていて、ボタンの反応が悪くなったらお取替え。
※電池はCR20251個のようです。←10円ショップで売ってますねw

リモコン…SJ4000には無かったんですよね~
欲しかった機能なので、この点は良かったです。

付属のマイクはこんな感じ。
付属のマイクはこんな感じ。

付属のマイク(クリップ付き)と、風防(スポンジ)。
ケーブルは約1.5メートルで、ジャックはモノラルの1.9ミリ。

この手のアクションカムって、マイク(音声)が弱いんですよね。
SJ4000も本体にしかマイクは付いてなく、車内の音もあんまり拾わなかったんです。

CT8500は、外部マイク対応!大きな魅力の一つですね。

ただ、外部マイクを繋いでも内蔵マイクはOFFにならないらしく。
ちゃんと音拾うのかなぁ…ちょっと心配(汗)

本体と電池、合計で60g弱ですね。
本体と電池、合計で60g弱ですね。

軽いなぁ…CT8500カメラ本体と付属の1050mAhバッテリー、合計しても60g弱です。
ちなみに、SJCAM SJ4000が、約62グラム。ほぼ変わらずですねw

リモコンは、ベルト込みで約21グラムですね。
リモコンは、ベルト込みで約21グラムですね。

リモコンは、電池が入ってる状態で、ベルトを含めて約21グラムですね。
本体はオール樹脂製、若干大柄だけど軽いから気にならないですね。

本体を、SJCAM SJ4000と比べてみると…
※左が「SJCAM SJ4000」、右が「Crosstour CT8500」です。

正面の比較。
正面の比較。

大きさはほぼ同じ。
っていうか、SJ4000ha、CT8500の防水ハウジングにぴったり収まります。
ただし電源・モードボタンの位置が違うので、操作はできませんけどねw

上面は、電源ボタンとLEDのみです。
上面は、電源ボタンとLEDのみです。

上面もほぼ同じ。
「OK・シャッター・録画開始停止」ボタンと、LEDインジケーターのみですね。

CT8500は、背面液晶が大きいですね!
CT8500は、背面液晶が大きいですね!

SJ4000に比べて、かなり大きい背面液晶。
CT8500の背面液晶は、約2インチだったかな?SJ4000は…確か1.25インチくらいだったと思います。
液晶が広いと、構図が見やすくて良いですね。

ただしタッチには対応していないので、メニュー操作などはボタンで行います。

端子類は背面から見て左側に集中しています。
端子類は背面から見て左側に集中しています。

背面から見て左側面に、マイクロSDカードスロット、マイクロUSBなどが集中しています。
CT8500は外部マイク対応なので、マイク端子もこちら面にありますね。
※端子の上の3つの穴が、おそらく内蔵マイクですね。

向かって右面の写真はありませんが、上下ボタンと内蔵スピーカーが配置されています。
配置はSJ4000と同じですが、CT8500の場合、上ボタンはWiFiと兼用で、下ボタンは音声入力ON/OFFと兼用になってます。

電源ボタンの配置と外部マイク端子が違うだけで、(外寸も合わせて)SJ4000と同じ!
この手のアクションカメラって、ほぼこの大きさ・ボタン配置なんですね!


長くなっちゃったので、【開封編】はココまで!続き【使用編】は、後日アップします。
ということで本日は、新しく買ったアクションカメラ「Crosstour(クロスツアー) CT8500」の開封と、「SJCAM SJ4000」との(サイズ・ボタン配置などの)比較でした。
皆様の「アクションカメラ探し」の参考になれば幸いです。

次回もよろしくです。
でわ!

SJCAM SJ4000」に関する記事はこちらのリンクからどうぞ!
※「モノトーンな日々 第二別館」にアップした記事です。

※2019年6月17日追記

CT8500の手ブレを検証してきました。

【テスト編】低価格アクションカメラ「Crosstour CT8500」の手ぶれ補正を検証!
アクションカメラ選びの参考になればと思います。

※2019年6月18日追記

CT8500に付属していたバッテリー、SJCAM SJ4000のバッテリーと互換性がありました!

SJ4000用のバッテリー、もっこりしてます(汗)
SJ4000用のバッテリー、もっこりしてます(汗)

さすがに3年半入れっぱなしで使ってたSJ4000のバッテリー、かなりもっこりしてますw
CT8500はバッテリー2個付属なので、1個はSJ4000で使いたいと思います。

※2019年6月27日追記

Crosstour CT8500ですが、今日現在アマゾンでは販売されてないようですね。
※やっぱり「高評価」で、プレゼント企画がまずかったのかな?

カメラ自体はそんなに悪くないのになぁ…
せっかくご紹介したのに…残念です。
っていうか…故障した時とか、保証はどうなる?(汗)

※2019年9月29日追記

アマゾンを確認したら、CT8500復活してますね。
しかもベストセラーになってるし。

ドライブレコーダーとして使ってますが、たしかに手ブレは良いです。
1080P60ftpで使ってます。

※2019年10月12日追記

CT8500は、4K 30ftpで録ることができます。
意外とキレイな映像なんですよね。
でも手ブレ補正は効かないので、手持ち撮影ではブレブレ(汗)

スマホ用のジンバルに取り付けて、4K撮影!
ヌルヌル動画を録ることができました!
サンプル動画も作りましたので、よかったら見てくださいね~
※動画などは、下の記事リンクからどうぞw

CT8500で4K?スマホ用3軸ジンバル「MOZA Mini-S」(モザ ミニ エス)ならブレずに録れました!

ツイッターでも情報を発信中!「@yamamoa」フォローよろしくです。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

※suaoki PS5B

(Visited 1,175 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です