1つしか無いUSBポートを4つに増やす!BUFFALO高速伝送3.0「4ポートUSBハブ BSH4A125U3BK」

みなさんのパソコン、USBポートは足りてます?
うちは全然足りない(汗)
メインで使っているASUS TransBook T303UA-6200GDですが、USBポートが1つしか無く。

同時に使いたい機器は…

ポータブルSSDを買うまでは、1つだけ実装されているUSB3.0ポートに、USB2.0ハブ付きSDカードリーダーを接続。
USB2.0ハブにロジクールのキーボード&マウスのレシーバーを挿して使っています。

でね?
USB2.0ハブの余っている1ポートにポータブルSSDを挿す?

動かないことはないと思うんだけど、USB2.0の転送速度は最大480MB/sで、USB3.0(最大5GB/s)。
ポータブルSSDはUSB3.0対応なので、せっかくの高速転送を生かせないですよね(汗)

実はバッファローのポータブルSSDと一緒に注文していたUSB3.0ハブw

実はバッファローのポータブルSSDと一緒に注文していたUSB3.0ハブw

バッファローのポータブルSSDと一緒に注文していた、同じバッファローのUSB3.0ハブ「BSH4A125U3BK」でございます。

USB3.0ハブならもっと安いのもあるのですが、ポータブルSSDがバッファローなので、同じメーカーのバッファローにしました。
※アマゾンチョイス!っていうのも、選んだ決め手かもw

ACアダプター付きで、バスパワー・セルフパワーの両刀使いでございます(^o^)v

持っているUSB2.0ハブ付きSDカードリーダーは、バスパワー方式。
このハブだと、接続する2.5インチHDD内蔵のポータブルHDDによっては電力が足りない場合があって。
ポータブルDVDとかもそうかな?
セルフパワーで動くことを謳っていながら、実は1ポートの電力では足りなくて2ポート使う…的な?こともあるんですよね。
※意外な盲点(汗)

パッケージの背面に簡単な説明書きがあります。

パッケージの背面に簡単な説明書きがあります。

SDカードくらいならUSB2.0でも十分だとは思うけど、ポータブルSSD…USB3.0のスピードの恩恵を受けたい機器には全然物足りないですよね。

という事で、USB3.0対応かつバスパワー(ACアダプタから電力供給もできる)USBハブを導入でございます。

説明書きをクローズアップ!

説明書きをクローズアップ!

最近はUSB3.0対応って、ふつーというか当たり前ですよね。
このハブの最大の特徴は「セルフパワー」。

バスパワーでは不安定な動作も、セルフパワーなら安定動作が期待できます。

そうそう、USB2.0とか3.0、供給できる電流の違いとかを説明していませんでしたね。
私も詳しいって言うわけではないけど、簡単に書いておきますね。

USB2.0

  • 最大転送スピード(論理値) 480MB/s…ハイスピードの規格
  • 1ポートあたりの最大供給電流は、500mA(5V 2.5W)
    例えば、バスパワーのハブを接続しても元は1ポートなので、そのポートで使用できる電流はMAX 500mAです。

USB3.0(3.1)

  • 最大転送スピード(理論値) 5GB/s(Gen1)
  • 1ポートあたりの最大供給電流は、900mA(5V 4.5W)
    USB2.0と同様、セルフパワーのハブを接続しても、ハブ全体で最大900mAです。

USB3.0で最大900mAに供給量が増えたとはいえ、やっぱり不安はあります。
そこで「セルフパワー」のハブ!
ハブ自体にACアダプタからの電力を供給!ACアダプターの供給能力まで使うことができます。

早速開封!こんにちわw

早速開封!こんにちわw

では開封して使ってみます。

  • USBハブ本体
    USB3.0ケーブルの長さは約1mです。
  • ACアダプター
  • 取説

中身は以上です。

USBタイプA、中が青いのがUSB3.0の印ですね。
※USB2.0は基本的には白です。

ハブ本体はとてもコンパクト!

ハブ本体はとてもコンパクト!

オール樹脂製の外装。
ポートは4つ、手前の左端に電源の白色のインジケーターが付いてます。

大きさは、幅約82ミリx奥行き約44ミリx厚さは約15ミリです。

ケーブルを含めた重さは、約70グラムですね。

ケーブルを含めた重さは、約70グラムですね。

ケーブルは本体から生えていて、取り外しはできません。
ケーブル(約1m)を含めて、重さは約70グラム。

軽いですねぇ。
あまり軽いとケーブルの重さに引きずられたりして若干使いづらいけど、コネクタを頻繁に抜き差しするわけじゃないし…いいかなw

もし固定したいなら、100均で面ファスナーを買ってきて、固定したいところに貼り付ける!
で良いかもw

付属するACアダプタ。

付属するACアダプタ。

ACアダプタも比較的コンパクト。
奥行き約7センチx幅約3センチx高さ約56センチ。
ケーブルは約1.5mです。

出力は5V3A。
セルフパワー時、4ポート合計で2,900mAまで供給できるようです。
※ちなみに…セルフパワーで使う時は、1ポート最大800mAのようです。

ACアダプターはケーブルを含めて約120グラムです。

ACアダプターはケーブルを含めて約120グラムです。

コンセントに挿したら重さはあんまり関係ないとは思うけど…ケーブルを含めて約120グラムです。

特別な設定をしなくても、挿せばすぐに使えます。

特別な設定をしなくても、挿せばすぐに使えます。

こんな感じに接続!
左から…

あと一つポートが余ってるけど、…予備ということでw

本来ならUSB2.0と3.0を混在させたくなかったんだけど…しょうがない!
ちなみに、ポータブルSSD(USB3.0)の転送速度は、この接続でもUSB2.0よりは全然早いです。
遅い方の転送速度に引きづられるかなって思ったのですが、大丈夫みたい。

頻繁に抜き差しするのは、USB2.0ハブ&SDカードリーダーのSDカードくらいなので、机の端のじゃまにならないところに置いてます。

パソコン側の設定とかも必要なく、挿せば使える!的な感じですね。
ちなみに、上記の構成ならバスパワーでも安定して動いてます。
バスパワー(ACアダプターからの電力供給)は、2.5インチポータブルHDDとかポータブルDVDなど…モーター駆動で電力を多く使う機器を接続したとき用かな?
でも…余裕というか、安心感はありますね。

そうそう、このハブは販売店によって型番が違うらしく。

BSH4A125U3BKは、特定販売店向けの商品。
BSH4A120U3BKと同じ物のようです。

でね?今ならアマゾンで20%オフクーポン使えます。
気になった方は、リンク先でご確認くださいねw

という事で本日は、USB3.0ポートを4ポートに増やす!バッファローのバスパワー・セルフパワー対応のUSB3.0ハブ「BSH4A120U3BK/BSH4A125U3BK」を増設しました!っていうお話でした。
USBポートが足りない場合は、ハブで増やす選択もありですね。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

(Visited 62 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です